スポンサードリンク
   


大阪観光といえばまず通天閣


大阪を観光するとすれば まずどこから行きましょうか。
言い換えれば、大阪の観光地、どこから案内するかしら。
あれこれ悩んでみたけれど、やっぱり通天閣からがよいでしょうね。
そうあの通天閣タワーです。

2012-09-07 11.39.16.jpg

タワーといえば東京タワーに東京スカイツリーなどが頭に浮かびますが、
通天閣はタワーと呼ぶにはとてもコンパクト。
そんなに見た目の色気もありません。
高さも避雷針を含め103メートルといわれ、
東京スカイツリーの634メートルと比べたら 完敗、迫力負けですね。
それでも大阪といえば通天閣
観光地の1つとしてあげられるくらい有名なタワーです。

場所は 大阪市浪速区恵美須東1-18-6
通天閣の東側についている大きな時計が特徴ですね。
実はこの通天閣の設計者は
東京タワーと同じ設計者、内藤多仲(ないとうたちゅう・1886〜1970年)さんなのですね。
東京タワーのほうが通天閣より2年あとに建設されているので、
通天閣と東京タワーは2歳違いの兄弟みたいなものなんです。

通天閣には日立のネオンがありますが、
通天閣の思い出とともに1957年(昭和32年)からネオンの歴史も始まったとされています。



時代とともにさまざまな表情にかわった通天閣のネオンも一見の価値ありです。
日が落ちてから、夜の通天閣を観光して
ネオンの通天閣をみるのも通天閣観光の楽しみの一つですね。
大阪観光といえば、まず通天閣
はあまりにもベタですが、
やはり大阪の観光から通天閣をはずすわけにはいかないでしょう。
posted by 大阪観光スポットぶらっと見学会 at | 通天閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通天閣のある新世界、ジャンジャン横丁の見どころ、探検どころ。


大阪の通天閣がある界隈を総じて新世界と呼んでいますが、
この新世界が今、大阪の下町の雰囲気を残した街として
大阪の観光スポットとして新しく注目をあびています。
やや北寄りに通天閣タワーが建つエリアで、明治、大正と駆け抜けてきた繁華街です。
ただ、大手私鉄のターミナル駅に恵まれなくて
1990年くらいまではかなり衰退していたのですが
時代に取り残された分、懐かしい日本の下町風景が残り、
それが逆に人気となり大阪の新しい観光スポットとなったわけです。

通天閣のある新世界、ジャンジャン横丁の見どころ、探検どころ

歓楽地の飛田新地やあいりん地区と隣接しているので、
家族連れや女性だけのグループでは近寄りにくい場所ではありましたが、
天王寺車庫跡地にスパワールドができたり、
NHKの連続テレビ小説「ふたりっ子」の舞台として
新世界が使われたりして一気に知名度があがり、
今では小さな子どもも串カツ屋さんの列に並んでいるような
家族で探検できる大阪の観光スポットとなったわけですね。



ひと昔まえの歓楽街という街のイメージはなく、
観光地として見どころがふえた大阪新世界の街です。
その新世界で見どころ、探検どころな場所は
ジャンジャン横丁
南陽通商店街が正式名なのですが、
その昔、ここを通る人たちを飲み屋さん等がお店に呼び込むために鳴らした三味線の
ジャンジャンという音からジャンジャン横丁
ジャンジャン町といわれるようになったらしいですよ。

通天閣のある新世界、ジャンジャン横丁の見どころ、探検どころ

2.8メートル幅の狭い商店街で、串カツ、飲み屋さんや
将棋クラブなどが軒を連ねるジャンジャン横丁です。
とはいえ、新世界はやはり労働者の街であることにはかわりません。
観光スポットでありながら、そこには普通に毎日を生活している大阪の下町のにおいがあります。
不思議な空間、通天閣のある新世界ジャンジャン横丁に
足を運んでみてください。探検してください。見どころが沢山ありますよ。
タグ:大阪観光
posted by 大阪観光スポットぶらっと見学会 at | 通天閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通天閣へのアクセス。行き方は以外と簡単。


通天閣にはどうやって行ったらよいでしょうか。
観光地へ行く時は必ず前もって行き方を調べておいたほうがよいですね。
大阪に土地勘のある人ならばよいですが、
大阪観光に来る人は 大抵その場所を知らないでしょうから、
目的地、通天閣までのアクセスは頭に入れておいたほうが
スムーズに観光ができて良いと思います。



まず、通天閣の大阪市浪速区恵美須東1丁目にあります。
交通手段は何通りかあり
JR環状線新今宮駅、徒歩10分
地下鉄堺筋線 恵美須町駅 徒歩3分
地下鉄御堂筋線 動物園前駅 徒歩10分
阪堺電軌阪堺線 恵美須町駅 徒歩3分
市バス 地下鉄恵美須町 徒歩3分
など、自分に都合のよい交通手段を選べることができます。

2012-09-07 10.45.28.jpg

どこを使っても、通天閣タワーは見えているので、
通天閣に向かって歩けばいいわけです。
通天閣界隈は大阪の下町。
道も細く、ややこしく、そして観光客だけでなく
日常生活を送っている人でイッパイです。
そこへ通天閣へ遊びにきた観光客がプラスされ、
ごった返したような街並みの通天閣界隈。
自家用車でいくことはやっぱりやめたほうがよさそうですね。



通天閣の行き方は、
アクセスを調べると以外と簡単にたどりつけそうなことがわかりましたが
それでも迷ってしまったときは、町の人に聞いてることをお勧めします。
きっと、親切な大阪のおばちゃんが
めちゃくちゃ丁寧に教えてくれるはずです。
posted by 大阪観光スポットぶらっと見学会 at | 通天閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通天閣界隈で美味しい串カツのお店「だるま」と口コミ情報


通天閣に観光にいくと必ず行っておきたいところは串カツですね。
通天閣にいくと串カツのお店は沢山ありますが、
やはり最初は「だるま」を押さえておきましょう。
通天閣タワーの真下にあるお店で、大阪観光がはじめての人でも
迷わずに行けることが助かります。

2012-09-07 10.43.16.jpg

串カツのお店では「ソース、2度づけ禁止!」が有名なフレーズですね
串カツのお店、「だるま」では
「2度づけあきまへんでぇ!」と叫んでいる
ユニークな動く人形がお店の前に立っています。
さすが大阪だなぁと思う人形ですよ。

だるま人形.jpg

口コミ情報やグルメ人気ランキングサイトなどで調べると
美味しい人気のある串カツやさんがすぐにわかりますね。

2012-09-07 11.13.31.jpg

人気串カツ店「横綱」では、さそりやコオロギなど
ちょっと変わりダネの串カツもあるので
せっかくの大阪観光にきたのだから、チャレンジしてみるといいですね。
他には「やっこ」も人気の串カツやさんです。
ソース2度づけ禁止の大阪串カツ。楽しいですよ。
posted by 大阪観光スポットぶらっと見学会 at | 通天閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。