スポンサードリンク
   


通天閣のある新世界、ジャンジャン横丁の見どころ、探検どころ。


大阪の通天閣がある界隈を総じて新世界と呼んでいますが、
この新世界が今、大阪の下町の雰囲気を残した街として
大阪の観光スポットとして新しく注目をあびています。
やや北寄りに通天閣タワーが建つエリアで、明治、大正と駆け抜けてきた繁華街です。
ただ、大手私鉄のターミナル駅に恵まれなくて
1990年くらいまではかなり衰退していたのですが
時代に取り残された分、懐かしい日本の下町風景が残り、
それが逆に人気となり大阪の新しい観光スポットとなったわけです。

通天閣のある新世界、ジャンジャン横丁の見どころ、探検どころ

歓楽地の飛田新地やあいりん地区と隣接しているので、
家族連れや女性だけのグループでは近寄りにくい場所ではありましたが、
天王寺車庫跡地にスパワールドができたり、
NHKの連続テレビ小説「ふたりっ子」の舞台として
新世界が使われたりして一気に知名度があがり、
今では小さな子どもも串カツ屋さんの列に並んでいるような
家族で探検できる大阪の観光スポットとなったわけですね。



ひと昔まえの歓楽街という街のイメージはなく、
観光地として見どころがふえた大阪新世界の街です。
その新世界で見どころ、探検どころな場所は
ジャンジャン横丁
南陽通商店街が正式名なのですが、
その昔、ここを通る人たちを飲み屋さん等がお店に呼び込むために鳴らした三味線の
ジャンジャンという音からジャンジャン横丁
ジャンジャン町といわれるようになったらしいですよ。

通天閣のある新世界、ジャンジャン横丁の見どころ、探検どころ

2.8メートル幅の狭い商店街で、串カツ、飲み屋さんや
将棋クラブなどが軒を連ねるジャンジャン横丁です。
とはいえ、新世界はやはり労働者の街であることにはかわりません。
観光スポットでありながら、そこには普通に毎日を生活している大阪の下町のにおいがあります。
不思議な空間、通天閣のある新世界ジャンジャン横丁に
足を運んでみてください。探検してください。見どころが沢山ありますよ。
タグ:大阪観光
posted by 大阪観光スポットぶらっと見学会 at | 通天閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。