スポンサードリンク
   


大阪観光といえばまず通天閣


大阪を観光するとすれば まずどこから行きましょうか。
言い換えれば、大阪の観光地、どこから案内するかしら。
あれこれ悩んでみたけれど、やっぱり通天閣からがよいでしょうね。
そうあの通天閣タワーです。

2012-09-07 11.39.16.jpg

タワーといえば東京タワーに東京スカイツリーなどが頭に浮かびますが、
通天閣はタワーと呼ぶにはとてもコンパクト。
そんなに見た目の色気もありません。
高さも避雷針を含め103メートルといわれ、
東京スカイツリーの634メートルと比べたら 完敗、迫力負けですね。
それでも大阪といえば通天閣
観光地の1つとしてあげられるくらい有名なタワーです。

場所は 大阪市浪速区恵美須東1-18-6
通天閣の東側についている大きな時計が特徴ですね。
実はこの通天閣の設計者は
東京タワーと同じ設計者、内藤多仲(ないとうたちゅう・1886〜1970年)さんなのですね。
東京タワーのほうが通天閣より2年あとに建設されているので、
通天閣と東京タワーは2歳違いの兄弟みたいなものなんです。

通天閣には日立のネオンがありますが、
通天閣の思い出とともに1957年(昭和32年)からネオンの歴史も始まったとされています。



時代とともにさまざまな表情にかわった通天閣のネオンも一見の価値ありです。
日が落ちてから、夜の通天閣を観光して
ネオンの通天閣をみるのも通天閣観光の楽しみの一つですね。
大阪観光といえば、まず通天閣
はあまりにもベタですが、
やはり大阪の観光から通天閣をはずすわけにはいかないでしょう。
posted by 大阪観光スポットぶらっと見学会 at | 通天閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。